かわいいネコちゃん動画

かわいい子ネコ 全員集合だニャン♪

恋愛

【あなたの知らない世界】アンパンマンの知ると怖い都市伝説


アンパンマン誕生のきっかけ

日華事変が起こり、24歳の時に中国へ出征したやなせさんは、飢えに苦しみながら正義を信じて戦いましたが、敗戦で、やなせさんが信じたはずの正義が一変します。やなせさんの自著『アンパンマンの遺言』(岩波現代文庫)には

正義のための戦いなんてどこにもないのだ 正義はある日 突然反転する 逆転しない正義は献身と愛だ 目の前で餓死しそうな人がいるとすれば その人に 一片のパンを与えること

と書かれてます。その為、アンパンマンは最初、力がなく、ふらふらと不格好に飛んできてアンパンを配ることしか出来ないヒーローで、言ってみれば、ちまたに溢れるヒーロー像に対するカウンターパンチだったわけです。

元は中年男だったアンパンマン

「アンパンマン」は元々、1969年に「PHP」誌に連載されていた、大人向けの『こどもの絵本』(単行本タイトルは『十二の真珠』です)の第10回連載である、「アンパンマン」(10月号掲載)。このときのアンパンマンは、頭は普通の人間ですが、空を飛ぶことができ、独裁国家だろうが紛争地帯だろうが単独で乗り込んで、空腹の人にアンパンを配るというヒーローでした。

しかし、お世辞にも美男とは言えない容姿で、世界中の人々から戦う力を持たない気持ち悪い男と軽蔑され、救った子供たちからもダサいとバカにされます。最後には軍隊に敵機と間違われて撃たれ、尊敬されないまま、誰にも知られず、誰からも惜しまれずに果てるという、悲しい最期でした。

実は今のアンパンマンは三代目

1973年、中年男だった初代アンパンマンを発展させたキャラクターとして、あんパンでできた頭部を持つ「あんぱんまん」が「キンダーおはなしえほん」(フレーベル館)10月号に登場しました。やなせたかし初の幼児向け絵本で、二年後の1975年、キャラクター名を片仮名に変更した続編の絵本『それいけ!アンパンマン』が出版されます。

自己犠牲の権化のようなヒーローで、顔半分が食べられることも珍しくなく、貧困に苦しむ人々を助ける内容でした。体型も最初は八頭身で、人助けし過ぎて頭をほとんど食べられてしまい、砂漠で死にそうになった場面もあるなど、今とはだいぶ雰囲気が違います。しかし、まだまだ子どもには難しく、また、高度経済成長というイケイケドンドンの時代にも合わない事もあり、編集部から「こんな話、二度と書くな」と酷評されたとか。

ばいきんまんの最初の悪事

毎回何かしらの悪事をはたらく「ばいきんまん」。

そのばいきんまんがアニメ第一話で犯した悪事というのが、

“てんどんまんを完食する”

だった。

それを、生まれたばかりのアンパンマンに発見され、二人の初対戦となったという。

アンパンマンの暗く悲しい歌の世界

まあるい顔に真っ赤な鼻とほっぺ、「ザ・健康優良児」な印象(?)のアンパンマン。先日、そんな「アンパンマン」に関する興味深い本をご紹介したが、作者・やなせたかしが描く「アンパンマン」の歌には、実はずいぶん暗い内容が多いことをご存知だろうか。

「生きるよろこび」を説く一方には、暗く深い悲しみ「死」がついてまわるのだ。たとえば、『それいけ! アンパンマンのおもしろ音楽館』というDVDに収録されている9曲を見てみよう。すべて作詞は、やなせたかし先生ご本人。その中で、「勇気りんりん」は、終始楽しい曲だが、他の曲はたいがい暗い。

いちばん有名な「アンパンマンのマーチ」ですら、幸せや喜びを歌うのでなく、わからないまま終わる人生はいやだ、と最初から後ろ向き。根っこの部分は明るいわけではなく、ネガティブな発想からスタートしているのだ。

「アンパンマン音頭'99」では、自分の顔をたべてごらんと誘い、「顔がおいしい」とか食欲の失せるようなことを言う。しかも、彼が飛ぶ理由は「ひもじいひとを救うため」で、「何度死んでも」と軽く言ってのけるのだ。そんなこと言われちゃ、食べられませんよ。

「生きてるパンをつくろう」は、タイトルからしてゾッとするが、要はみんな食べないと死んでしまうという内容で、曲中に「ひもじい」が2回、「死んでしまう」が4回も登場。生き死にのテーマが多いのは、さすがやなせ先生、「僕らはみんな生きている」の、『手のひらを太陽に』の作詞者だけのことはある。

「ドキン・ドキン・ドキンちゃんードキンのうたー」では、ドキンちゃんが自分の名前を尋ね、知らないという相手に「気の弱いやつは気絶する」と豪語。それだけの内容なのだが、どういうわけか映像は、原住民に「生贄」としてとらえられるイメージで、今にも食われそうな緊迫感が漂っている。

アンパンマン誕生秘話

子供達に大人気のアンパンマンだが、いつ頃から世間に登場していたかをご存知だろうか?実は、1969年にアンパンマンのマンガが連載されているのである。実に、40年以上も昔なのだ。それだけ長い間アンパンマンは愛されているということになる。

さて、アンパンマンが連載開始された時はなんと普通の人間だった。空を飛んでいるので少し特殊なのだが、現在のようなパンではない。そして、攻撃などをすることも無く、ただ空腹の人にパンを届けるのが役目だった。

作者のやなせたかし氏は、50代の頃にアンパンマンで一躍人気となった。しかし、それ以前までは売れない漫画化だった。「空からパンが飛んでくれば良いのに」と空腹になりながらそんなことを考えていたそうだ。

そこから「アンパンマン」というキャラクターが登場したという逸話がある。連載していた時のアンパンマンは、戦争中の場所にパンを届けている最中にミサイルに撃たれて死んでしまうという悲劇となっている。何故そんなラストにしているのだろうか?

実は、やなせたかしさんは従軍経験があったのだ。戦争の悲惨さを多くの人に知ってもらいたいという気持ちがあり、こういったラストにしたと言われている。

アンパンマンとばいきんまんが戦う理由

“ばいきんまんはいつも負けるのに、どうしてアンパンマンと戦うの?”

こんな問がアンパンマンの公式サイトに投げかけられた。

悪役だから戦うのは当たり前だろうと思うかもしれないが、公式サイトの回答はそんな単純なものではなかった。

“ばいきんまんは、アンパンマンをやっつけることが生きがいなので、何度やられても、またアンパンマンと戦おうとします。”

とのこと。

これは単純な答えなようで、実は奥が深い。

――何の為に生まれ何をして生きるのか。

アンパンマンの主題歌『アンパンマンマーチ』の一節。

これが実は重要なキーワードとなっている。

アンパンマンの世界では『何の為に生きるのか』を自覚していない生物は、自信に宿る“いのちのほし”の輝きが失われ、やがて消えてしまうという。

これは映画『それいけ!アンパンマン いのちの星のドーリィ』で明らかになっている。

つまり、ばいきんまんはアンパンマンをやっつけることで“生きがい=何の為に生れて何をして生きるのか”を見出し、アンパンマンワールドで生きている。

悲しいことに、アンパンマンをやっつけるという生きがいを失えば、必然的にばいきんまんの存在価値がなくなってしまうのだ。

それはアンパンマンワールドでの“死”を意味するのかもしれない。

逆にアンパンマンは人を助けることで生きがいを見出している。

お気付きだろうか。

アンパンマンは、ばいきんまんの悪戯によって困っている人を助けるという“生きがい”を持ち、アンパンマンワールドで生きているので、ばいきんまんを失えば生きがいを失い、生きていけなくなるのである。

つまり、アンパンマンとばいきんまんは、持ちつ持たれつの関係で成り立っているおかげで「何の為に生きるのか」を見いだしているといえるのではないだろうか。

ばいきんまんが、アンパンマンにいつも攻撃を仕掛けつつも必ずやられ、そうは言っても決してお互い殺さない対処理由には実はこのような経緯があるからかもしれない。

ジャムおじさんとバタコさんの関係

無関係なんです。
とは言っても、一緒に暮らしていますので、非常に家族に近い関係でしょうか。親子や肉親ではありません。

アンパンマンの身長

-恋愛